江戸千住葱のPR販売
2018年3月14日8:00~売り切れまで
Image is not available
江戸千住葱のPR販売
2018年3月10日(土) 3月24日(土) 10:00 - 15:00
Image is not available
熊本×東京ごはん教室
葱善も料理教室に参加させて頂く事になりました。
Image is not available
奉納葱(江戸千住葱)
プレゼント
2018年2月17日15時~ 江戸千住葱を三社様系内で配布します。
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider

葱善


【株式会社葱善】

葱善は、賑やかで粋な下町。浅草に。

明治18年(1885年)から、約130年つづく老舗葱問屋です。

伝統的な『千住葱』をはじめ、山葵。辛味大根など。

おもに飲食店に向けて、料理の味を引き立てる

こだわりの食材を取りそろえています。

都内ルート配送、地方配送を行っています。

【電話】 03-3872-2990

【メール】 info@negizen.co.jp

北海道 ¥730
東北 ¥450
関東甲信越 ¥430
中部北陸 ¥450
関西 ¥530
中国四国 ¥610
九州 ¥670
沖縄 ¥1130

※2015年現在

 

江戸千住葱

江戸千住葱とは

明治18年、田中善太郎創業の葱業者。株式会社葱善が生産販売する江戸時代より伝わる伝統的な「千住系根深葱(長ネギ)」の種(固定種)を使用し、最適な栽培法法で栽培された。希少で高品質な葱を「江戸千住葱(えどせんじゅねぎ)」と言います。

江戸千住葱のこだわり
江戸千住葱は「種」「土壌」「栽培方法」この3つにこだわっています。

種のこだわり
江戸千住葱は効率性や収穫率を重視し品種改良された種ではなく、江戸時代より代々受け継がれた固定種を使用しています。この種を大切に育てることにより、葱本来の甘味・コク・食感を堪能することができます。

土壌のこだわり
良い葱は質の良い土壌から生まれます。葱善では全国各地を巡り江戸千住葱に適した土壌を見つけ、自社農園や契約農家と栽培をしています。

栽培方法のこだわり
昔からの種を使用しているが故に、苗には育ちが良い苗や悪い苗・強い苗や弱い苗など様々です。これを無秩序に畑に植え付けるのではなく、育ちが良く強い苗のみを選び、一本づつ定植しています。

 

江戸千住葱の味
一般的なスーパーに並んでいる葱より葱らしい味わいが特徴で、葱好きにはたまらない葱本来の、カァーッとする辛さと、ツゥーンとする香りがします。熱を加えると強い辛みがトロリとした甘みと食感に変わります。年配の方を中心に「本当の葱はこんな味だった」と人気があります。

江戸千住葱の販売
江戸千住葱をはじめとした、葱善の取り扱う高品質な食材は、主に業務用です。一般のスーパーや八百屋さんには出まわりません。現在一般向け販売は、新宿伊勢丹と、PR活動として浅草酉の市や各種イベントのみとなっています。活動情報はfacebook・ホームページにてお知らせしています。一般の方でどうしても食べてみたい方はお電話下さい。

食育文化活動

食育文化活動の一環での小学校、中学校で食育授業、学校給食や毎年2月13日を江戸千住葱の日と決め、三社様にて奉納し五穀豊穣商売繁盛を祈願しています。

毎年11月に明治神宮で行われている新嘗祭で奉納をしました。

メディア掲載・PR活動

【各種メディア】

【2017年】
テレビ東京|和風総本家

【2016年】
環境農業新聞
au TVCM│三太郎シリーズ| au学割「ネギ」篇

【2015年】
テレビ朝日|食材の王国
NHK|サラメシ
浅草経済新聞

【2014年】
寒い冬こそネギ!はなまるとネギ17年の歴史

【2012年】
news every
ヒルナンデス!

【2011年】
はなまる ザ・ベスト10 レシピ:はなまるマーケットのレシピ!
はなまるマーケット

【2010年】
クロワッサン 2010年5月25日号

【2009年】
ビジネスポータルアクシア

【各種PR】

【2017年】
浅草神社奉納
明治神宮奉納 新嘗祭
アグリビジネス創出フェア2017
浅草酉の市PR販売
浅草葱善×和風カフェダイニング 畑々 コラボレーション企画
2016年
浅草神社奉納
明治神宮奉納 新嘗祭

【2016年】
浅草神社奉納
浅草酉の市PR販売

【2015年】
浅草神社奉納
浅草酉の市PR販売
浅草雪祭り 浅草×山形

コラボレーション企画

浅草葱善では飲食店様、料理教室様などコラボレーションを企画、募集しております。

浅草十和田×浅草葱善コラボ商品 「葱善ギフト」

年末、お歳暮 限定でギフトを販売しています。

和風カフェ&ダイニング畑々-HATABATA-×浅草葱善のコラボ企画

 

 

江戸辛味大根

 

江戸辛味大根
歴史
今から約300年前 亭保(1716-1735年)

江戸浅草柴崎町(現在の西浅草3丁目)の寺院「道光庵」の僧は蕎麦打ちの名人といわれ、鰹だしの代わりに”辛味大根の絞り汁”で蕎麦を檀家の人々に向け、振舞いました。町中の人たちは、その旨さに驚き、蕎麦目当ての人たちが信心にかこつけて連日門前に列をなし、「江戸評判記」では本職の蕎麦屋を押しのけて筆頭に挙げられる程となりました。

当時、市中で辛味大根を自家栽培するまで流行ったといいますから、江戸の粋な食材として定着したといえます。

しかし、現代では江戸時代から食べられている伝統野菜の衰退の一途をたどっています。そこで、浅草葱善では江戸浅草で流行した伝統野菜である「江戸辛味大根」を現代によみがえらせました。

江戸辛味大根とは
浅草葱善の江戸辛味大根は長野県の篤農家と10年をかけて理想の辛味大根を生産できるようになりました。栽培方法は水分と肥料をギリギリまで与えず、あえて大根にストレスをかけ、ゆっくり丁寧に50日~60日かけて栽培させます。蕎麦はもちろん、お肉・刺身・漬物など… etc  こだわりぬいて生産された江戸辛味大根は辛味の中に奥深い旨味を生み出し食材の味を引き立てます。  まさに粋で鯔背な江戸っ子にはたまらない味なのです。

 

列のコンテンツ
列のコンテンツ

第21回Farmer’s Market 出展します。

  2018/02/16 

  Mr.FARMER駒沢オリンピック公園店では、毎月第2・第4土曜日にファーマーズマーケットを開催します! 「日本の文化・食材を次世代に伝え、地域の交流の場となるイ …

まるごと朝市で江戸千住葱PR販売します。

  2018/02/10 

奉納葱プレゼント

  2018/02/08 

毎年恒例行事の江戸千住葱を2月13日に三社様にて奉納し17日に15時~ 浅草神社境内にて 先着100名様 奉納葱配布致します。 この機会に江戸浅草へお越しください。 <i …

熊本×東京ごはん教室

  2018/02/08 

料理教室についてお問い合わせ 和風カフェ&ダイニング畑々-HATABATA- わふうかふぇあんどだいにんぐはたばた 050-5289-3043

  2017/11/21 

本日明治神宮に無事、江戸千住葱を奉納しました!

Copyright© 葱善 , 2017 All Rights Reserved.